【疲労回復】疲れ切った体を癒す方法 6選【春に向けて体調を整えよう】

今回は、

悩んでる人

・疲れ切った体を癒す方法は?
・疲労回復に効果的な行動とは?
・簡単に疲れが取れる方法はあるの?

こういった悩みに、筋トレ大好き現役航空整備士が丁寧にお答えしていきます。


この記事を書いた人
✔︎ 現役航空整備士
✔︎ 21歳副業ブロガー
✔︎ 元塾講師
✔︎ 7ヶ国語同時習得中マルチリンガル

この記事を読んでいただくと
①効果的な疲労回復の方法がわかります。
②健康意識が高まります。
③元気な体を手に入れて、パフォーマンスアップできます。


疲れ切った体を癒す方法 6選

仕事や家事で疲れが溜まってしまうと、なかなか疲労回復することができないですよね。

疲労が蓄積していると何をやるにもパフォーマンスが下がり、悪循環が生まれてしまします。

毎日健康で元気に活動するためにも、まずはしっかりと休んで疲れ切った体を癒してあげましょう

そこで、今回は簡単にできる「疲れ切った体を癒す方法 6選」をご紹介します。


①安定した生活リズム

あなたの生活リズムは整っていますか?

生活リズムが狂ってしまうと、睡眠や食事も安定してとることができません。

安定した生活リズムを取るには、基本的には毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きて、食事をとるなど、体内時計を安定させましょう。

自分をコントロールすることができれば、自由な時間を作ることもできますね。

まずは、今の自分の生活習慣を見直してみましょう


②バランスの良い食生活

体への栄養補給は食事がメインですよね?

疲れている原因は、体内のエネルギーやビタミン不足、ホルモンバランスの乱れなどです。

疲れている時ほど食事をおろそかにしてしまいがちですが、疲労回復にはしっかりと栄養を摂りましょう

ただ、「これさえ食べておけば大丈夫」というような魔法の食材はないので、自分の体に合ったバランスの良い食事を取るのを心がけてください。

不足しがちな栄養素はサプリメントなどで補うことも可能ですよ。


③良質な睡眠

人生の3分の1は睡眠です。

生きる上でほとんどの時間を費やしているのが、「睡眠」。

睡眠と疲労回復は切っても切り離せないほど、とても大切なことですよね。

良質な睡眠をとるには、

・適度な運動をする

・寝る3時間前には食事を済ませる

・寝る前にブルーライトを浴びない

など、いろんな方法があります。

調べれば調べるほど、たくさんの方法があるので、まずはすぐにできそうなものから試してみましょう。


④寝る1~2時間前の入浴

あなたはいつお風呂に入りますか?

人間は体内深部の温度が下がっていくときに、眠気が起こるような仕組みになっています。

体が熱い状態では、質の良い眠りにつくことができません。

体温が徐々に下がっていく就寝の1~2時間前に、熱すぎない40℃くらいのお湯に浸かって、体を少し冷ましてから寝るようにしましょう。

このタイミングで眠りに入ると、疲労回復のための質の良い睡眠が期待できますよ


⑤適度なストレッチとマッサージ

ほとんど運動していないあなたの体は、血液の流れが悪いです。

全身の血液循環がスムーズでないと、人の体は疲労が溜まりやすくなっています。

適度なストレッチやマッサージをすることで、筋肉がほぐされて、血流の流れを促してくれるので、疲労回復や睡眠の質の向上に繋がります。

また、血管以外にも「リンパ管」を適度に刺激してあげることで、リンパの流れもよくすることができるので、体温や代謝をあげることができますよ。

就寝前の3分だけでも体をマッサージしてあげましょう

筋トレやエクササイズでさらにパフォーマンスアップしたい方はこちらをどうぞ👇


⑥癒し効果があるハグ

あなたは、よくハグしますか?

日本人にはあまり馴染みのないハグですが、ハグする行為は疲労効果があると言われています。

抱きしめたり、抱きしめられたりすると脳内でドーパミンやオキシトシンなどのホルモンが大量に分泌されて、幸福感やリラックス効果が生まれるそうです。

それにより、不安やストレスが解消されたり、癒し効果が得たりすることができるんです

ペットやぬいぐるみでも同様の効果があるそうなので、ぜひハグしてみましょう


まとめ
「疲労回復」は「健康」への第1歩

いかがでしょうか。

皆さんも、癒した体で今後も張り切っていきましょう!

以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。