【祝日・連休】2021年の祝日には要注意?!カレンダーを確認しよう!

今回は、

悩んでる人

2021年の祝日・休日、連休はいつ?
オリンピックの日程で何が変わるの?
カレンダーは修正した方がいいの?

こういった悩みに、現役航空整備士が丁寧にお答えしていきます。


この記事を書いた人
✔︎ 現役航空整備士
✔︎ 副業ブロガー
✔︎ 元塾講師
✔︎ 7ヶ国語同時習得中マルチリンガル

この記事を読んでいただくと
①2021年の祝日・連休がいつなのか分かります
②今年の予定や日程調整が出来るようになります
③カレンダーの修正箇所が分かります


1.今年の祝日はいつ? 2021年祝日一覧

2021年は東京オリンピックの開催が延期されたことによって、夏から秋にかけての祝日が移動することになっています。現在印刷されたカレンダーや手帳の多くは、最新の祝日が反映されていません

まずは、今年の祝日を一覧で確認してみましょう。

①2021年の祝日一覧

1月1日(金) 元日

1月11日(月) 成人の日

2月11日(木) 建国記念の日

2月23日(火) 天皇誕生日

3月20日(土) 春分の日

4月29日(木) 昭和の日

5月3日(月) 憲法記念日

5月4日(火) みどりの日

5月5日(水) こどもの日

⭐️7月22日(木) 海の日<東京五輪開会式前日予定日>

⭐️7月23日(金) スポーツの日<東京五輪開会式予定日>

⭐️8月8日(日) 山の日<東京五輪閉会式予定日>

⭐️8月9日(月) 山の日振替休日

9月20日(月) 敬老の日

9月23日(木) 秋分の日

11月3日(水) 文化の日

11月23日(火) 勤労感謝の日

今年は延期された東京オリンピックが開催予定なので、開会式・閉会式の日程に合わせて、祝日が移動されます。

移動する祝日は「海の日」「スポーツの日」「山の日」です。この祝日の変更に伴って、平日から祝日に変わったところは上記の⭐️マークです。

②祝日・休日が移動する理由

コロナウイルスで1年延期された東京オリンピックの日程に合わせて、祝日が移動されることが話題になりました。

2020年11月27日の参院本会議にて、祝日を移動させる特別措置法の改正案が成立。これにより、2021年も「海の日」「スポーツの日」「山の日」の移動が決定しました。

そもそもこの特例法は「アスリート、観客等の円滑な輸送と経済活動、市民生活の共存を図る」ことが目的とされています。

東京オリンピックは2020年開催のはずだったので、祝日が移動するのは2年連続です。

③自分のカレンダーを確認しよう

みなさんも一度、手元のカレンダーの祝日を確認してみてください。

特例法は2020年12月4日に公布され、昨年のカレンダーの納期は10月末ごろなので、ほとんどのカレンダーは祝日が最新のものに修正されていません。


✅修正すべきポイントは2つです。

①祝日が平日に変わる

7月19日(月•祝)「海の日」 →平日

8月11日(水•祝)「山の日」 →平日

10月11日(月•祝)「スポーツの日」 →平日

②平日が祝日に変わる

7月22日(木) →7月22日(木•祝)「海の日」

7月23日(金) →7月23日(金•祝)「スポーツの日」

8月8日(日) →8月8日(日•祝)「山の日」

8月9日(月) →8月9日(月•祝)「山の日振替休日」

2.2021年の連休が取れるタイミング

さて、祝日が変更された場合、2021年の連休はどのようになるのでしょうか?

年末年始の連休を除いて、連休を取れるタイミングは何回あるでしょう

・2021年の連休は5回?6回?

祝日が変更されて、最新の日程になった場合の2021年の連休は以下の通りです。

3連休:1月/8月/9月(場合によっては4連休/9連休取得可能)

4連休:7月

5連休:5月(場合によっては7連休/11連休取得可能)

それぞれの連休について、詳細をみていきましょう。

・1月の3連休:1月9日(土)〜11日(月•祝)

1月9日(土) 休日

1月10日(日) 休日

1月11日(月•祝) 成人の日

・4月〜5月の5連休:5月1日(土)~5日(水•祝)

4月29日(木) 昭和の日

4月30日(金) 平日

5月1日(土) 休日

5月2日(日) 休日

5月3日(月•祝) 憲法記念日

5月4日(火•祝) みどりの日

5月5日(水•祝) こどもの日

5月6日(木) 平日

5月7日(金) 平日

5月8日(土) 休日

5月9日(日) 休日(母の日)

4月末から5月にかけてのGWは毎年長い連休になりますが、今年は通常5連休です。

4月30日(金)は平日なので、その日だけでも休みを取れば7連休になります。

さらに、5月6日(木)と5月7日(金)も平日なのでその日も休みを取れば、最大11連休にすることができます。

・7月の4連休:7月22日(木•祝)〜25日(日)

7月22日(木•祝) 海の日<東京五輪開会式前日予定日>

7月23日(金•祝) スポーツの日<東京五輪開会式予定日>

7月24日(土) 休日

7月25日(日) 休日

東京オリンピックが2021年に延期されたことで、「海の日」「スポーツの日」が移動したので開会式の日程に合わせて4連休となりました。

・8月の3連休:8月7日(土)~9日(月•祝)

8月7日(土) 休日

8月8日(日) 山の日<東京五輪閉会式予定日>

8月9日(月) 山の日振替休日

8月も7月同様に、東京オリンピックの閉会式の日程に合わせて「山の日」が変更になり、日曜日が祝日に変わったので月曜日が振替休日になります。

・9月の3連休:9月18日(土)〜20日(月•祝)

9月18日(土) 休日

9月19日(日) 休日

9月20日(月•祝) 敬老の日

9月21日(火) 平日

9月22日(水) 平日

9月23日(木•祝) 秋分の日

9月24日(金) 平日

9月25日(土) 休日

9月26日(日) 休日

秋のお彼岸もある9月は通常は「敬老の日」を含めた3連休です。ただ、「秋分の日」が木曜日で飛び石連休となるので、金曜日に休みを取れば3連休と4連休になります。

また、祝日の間の火・水曜日も休みを取れば最大9連休を取ることができます。

3.2021年のカレンダー変更点・注意点まとめ

最後に、2021年のカレンダーについて変更点と注意点をまとめたのでご覧ください。

①オリンピックで夏~秋の祝日が移動

オリンピックの開催で祝日が移動し、7月・8月に連休が増えて10月の連休がなくなりました

②ほとんどのカレンダーは修正が必要

昨年末に購入したカレンダーは最新版の祝日が反映されていません。

確認するところは、「平日→祝日」「祝日→平日」です。

③Googleカレンダーは最新の日程が反映済み

Iphoneのカレンダー・Googleカレンダー・TimeTreeなど、デジタルデバイスのカレンダーは既に最新版が反映されています。

手元のカレンダーと合わせて確認してみましょう。


祝日や休日にブログを始めてみたい方はこちら👇


いかがでしょうか。

皆さんも今年の祝日や連休をカレンダーで確認してみましょう!

以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。