【20代】結果が出せる若者の特徴 まとめ10選

こう

大手航空会社で整備士をやりながら、副業ブロガー&マルチSNSクリエイターをやっている、こうです。

各SNSアカウントはこちらから!

悩んでる人

・結果を出せる若者ってどういう人?
・20代をもっと有意義なものにしたい!
・伸びる20代になるために必要なことを知りたい!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事を読めば、20代のうちにブレない自分の芯を作って、もっと多くのことにチャレンジできるようになります。


また、20代のこれからの大切な時間を使って、足りない部分を補うためのヒントを書いています。ぜひ、参考にしてみてください。それでは『結果を出せる若者の特徴10選』を紹介します。

特徴1:周りに流されない、自分の意思を持っている

こう

伸びる若者は自分の強い意思や目標を持っています。


いつの時代でも、世の中をひっくり返すような出来事は少数派の人間が起こし続けてきたことは事実です。


そんな限られた人間は、20代のうちから周りに流さない強い気持ちと考えを確立しています。

違う言い方をすると、冷静で客観的に世の中や身の回りの流れを把握するゆとりを持っているということです。

特徴2:学んだことをすぐに行動に移し、検証する

こう

行動力がある人の検証数とスピードは半端ないです


自分の頭の中で考えて行動を起こしていけば、少々失敗したとしても誰でもやがて上手になります。


信頼している成功者から『こうしたら上手くいく』という情報を手に入れたら、とにかく間髪を容れずにやってみる。そして、その情報ややり方が自分に向いているのかさっさと確かめるのです。


伸びる人は、行動の中から自分に合った方法を導き出し、そのスタイルを完成させます。


若くして成功している多くの人は、その検証とスタイル完成までのスピードがとにかく早いのです。

特徴3:あきらめが悪い

こう

成功者の多くは一度や二度の失敗くらいで折れたりしないです。


周りの人にどんなことを言われようが、絶対に諦めずに何回でもチャレンジする人は必ず成功します。


『やればできる』と自分を信じているからこそ、『できるまでやる』と諦めずに続けることができるのです。

特徴4:変にカッコつけない

こう

『要領よく上手くやろう』という甘い考えは捨てましょう。

あなたは結果を出せてもいないのに変にカッコつけている人と、笑われているかもしれないけどしっかり結果を残している人なら、どちらがその後の人生でうまくいくと思いますか?


たとえカッコ悪くたって、バカにされたって、言い訳なんか捨てて、うまくいくまでやればいいんです。


笑われるということは、変にカッコつけていない証拠です。泥臭く地道に努力する人の方が、いつの時代でも結果を出しています。

特徴5:根拠のない自信を持っている

こう

伸びる人は根拠がない自信を持って、自分ならできると常に思っています


伸び悩んでいる人は、根拠のない不安を持っていることが多いです。


控えめで謙遜することが美徳とされる環境で育った日本人は、実際の実力よりも自分がダメだと考える傾向が強く、自己肯定感の低さが突出しています。だからこそ、根拠がなくとも『自分ならできる』と考える方がより良い感情を生み、結果的にいい方向に行きます。


誰でも、結果が出る前のチャレンジに答えを見出すことはできません。根拠なんか、始める前に探したって見つけることはできないですよ。

特徴6:自分のやるべき仕事をまず先にやる

こう

嫌なことから逃げてもそれは一時しのぎでしかありません。


若いうちは自分にとって損する仕事や理不尽なことをやらなきゃいけないことがあります。ただ、そんな理不尽なことであっても現実として受け入れ、逃げなかった人は、同世代と比べても確実に一皮剥けています。


結果を出せる人は、損することややりたくないことであっても、その先で自分のやりたいことができると知っているので、自分のやるべき仕事をまず先にやる力を身につけます。

特徴7:切り替えが早い

こう

心が折れることは悪いことじゃないです。


生きていれば楽しいことばかりではなく、時には辛いことや苦しいことだってあります。誰だって心が折れそうになる瞬間だってあります。


しかし、ここで大切なのは『折れない心』を作ることではなく、折れてもそこから立ち上がるスピードを速くすることです。

動きのメリハリに加えて、心の切り替えを早くすることが成功するためのカギです。

特徴8:相談上手

こう

仕事で結果を出せる若者は、上司の立場をしっかり作ります。


社会で成功するには、誰でもチャンスがなければそれは叶いません。ただ、チャンスは組織や会社の中でも年功序列でやってきます。


言い方は悪いですが、目上の人間を上手く利用していく人は必ず引き上げられるチャンスを手にします。

だからこそ、伸びる人は目上の気持ちを理解する大きな視野を持ち、仕事においてもとにかく相談がうまいです。

特徴9:いつでも『成長』と『成功』を考えている

こう

人生には『成長期』と『成功期』しかありません。

チャレンジして、結果を出している人は、うまくいかない時は『学び』、うまくいっている時は『感謝』します。

上手くいかないときだからこそ、学ぶことができ、バイオリズムが下がった時は、自分が成長する絶好の機会だということを認識しているのです。


そして、うまくいっている時にこそ、成長期に自分を支えてくれた人たちに感謝します。人のために動くことこそ、成功期を長く続けさせる秘訣です。

特徴10:行動がスマート

こう

行動や立ち居振る舞いだけでなく、選択がスマートな人が成功しやすいです

特徴1でも述べたように、結果を出している人たちは自分の考えや思いがしっかりとしています。


それは、心の在り方でも行動でもどちらにも共通して言えることです。『こうなったら自分はこう動く』と決めているから、決断も早いです。

そして、その芯の強さやスマートさは、土壇場に強く発揮されます。どんな環境になったとしても、自分の信じる道を真っ直ぐに突き進むことができるので、迷うことなく成功に辿り着くことができるのです。

まとめ:結果を出せる若者の特徴を10個紹介

以上で特徴を10個紹介しました!

ポイント
特徴1:周りに流されない、自分の意思を持っている
特徴2:学んだことをすぐに行動に移し、検証する
特徴3:あきらめが悪い
特徴4:変にカッコつけない
特徴5:根拠のない自信を持っている
特徴6:自分のやるべき仕事をまず先にやる
特徴7:切り替えが早い
特徴8:相談上手
特徴9:いつでも『成長』と『成功』を考えている
特徴10:行動がスマート

結果を出している若者の共通して言える特徴を挙げてみましたが、いかがでしょうか?

人生のスタイルを決める『はじまり』の10年をどのように過ごせば良いのか悩んでいる人はこちらの書籍を参考にしてみてください👇

20代を無難に生きるな
created by Rinker

✅行動力を身につけるコツが知りたい方はこちらから👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。